現状報告
久しぶりの更新となり申しわけありません。
トロージャン内部で色々な事象があり、彼らと連絡がとりづらくなっていたのが原因です。
彼らもひと段落つき、ヘッドコーチのチャーリーとも最近連絡がとれるようになったので、
この場で、現状報告させていただきたいと思います。

まず、ゼルグ“弁慶”ガレシックについて。
皆様ご存知の通り、HEROsと契約を結び次回大会でのユン・ドンシック戦が決定しました。
PRIDEとの契約は複数年、複数試合契約でありましたが、色々な事象があり、棄却される運びとなりました。
HEROsとの契約については、私の知り及ぶ所ではありませんのでご容赦願います。
彼は世界最高峰のPRIDEのリングでスターになる事を夢見ていましたし、世界最高峰のリングに皆様のお陰で上がれたことは今でも誇りに思っています。
これから彼はまた新たなリングで新たな船出をすることが決まりましたが、
皆様が変らず彼を応援し続けることと、彼の健闘を願ってやみません。

続いて、ジェームス・トンプソンについて。
残念ながら、彼はチームを離れる事となりました。
チームと彼の周りで複雑で多様な事象が起き、結果として最悪の形でチームから去ってしまう事になりました。
個人的に友人として、また、大きな兄のように慕っていた彼がこんな形で英国の家族から離れることは残念でなりません。
今後、彼が進む道はわかりませんが、強い信念を持ってまっすぐ進んでいって欲しいです。

最後に若手達の情報になりますが、
未だにジェームス離脱に大きなショックを受けているのが殆どであり、
チームに残った傷跡は深いと実感しました。
そんな中、どういった運命のめぐり合わせか、
チームの新重量級エースのドミニク・オストジッチの予定対戦相手が足首を怪我して欠場。
急遽代打としてジェームスを前回のCRで秒殺KOしたネイル・グローブが決定しました。
トロージャンを新たに引っ張っていく選手として、しっかり結果を残せるか。
彼と弁慶の試合が新トロージャンの出発式だと思っています。

以上。
乱文ではありますが、現状報告とさせていただきます。
[PR]
# by benkeijames | 2007-09-07 00:43
トロージャンファイターのCageRage参戦決定。
f0056307_2404484.jpg

以前紹介したドミニク・オストジッチのCageRageデビューが決定。
本来、CageRage Contendersから出場して勝利して本戦となるが、
ドムはいきなりの本戦参加。
当初はジェームス・マクスワニーとの対戦が交渉されていたが、対戦相手は3戦3勝3KOのネイル・ウェインに決定。
強いラッシュパワーを持ったブルファイターのストライカー。
また,グラウンド打撃も得意としているため、ドムのグラウンド練習ぶりが問われる一戦となりそう。
無敗で強烈な破壊力を持った二人が激突。



f0056307_244854.jpg

そして、アノ男が衝撃的な敗北となった瀧本戦からついに復帰。
弁慶のCageRage次回大会参戦が公式発表された。
対戦相手は現在絶賛調子落としまくり中のアレックス・リード。
既に本戦に上がる資格はないとまでいうファンもいるが、リー・マーレイと激戦を繰り広げた頃の彼が戻ってくれば弁慶とて気が抜けない相手。
復帰戦にておいしくない相手との対戦が決定したものの、弁慶はやる気十分。
負けられない一戦だ。


f0056307_2444838.jpg

そして、他にもなかなかの注目カードが。
英国内で最も過小評価されているファイターの一人ジェームス・ジキックがライトヘビー級の世界タイトルをかけてヴィトー・ベウフォートと対戦。
ジキックは国内総合格闘家でも屈指のボクシング技術の持ち主であり、寝技の方も過去にヴェウドムの寝技を凌ぎきり、ドローに持ち込んだほど。
敬謙なクリスチャンとしても有名なファイターで、
「神のおつげがあった」といっていきなり戦線離脱したと思ったら、戻ってきてサイボーグを破り「神はいるんだ」とコメントするほど。
ベウフォートは最近行方不明だった姉妹のニュースが影響するかとじうかが心配である。



f0056307_2431894.jpg

着実にMMAレコードを伸ばす元K-1ファイターゲーリー・ターナー。
前回のドラゴ戦ではスタンドで圧倒されながら、カットで辛くも勝利。
ドラゴも強豪ストライカーとはいえ、今後のが雲行きが怪しくなった試合であった。
今回の対戦相手はボクシング界からの刺客ジュリアス・フランシス。
今年で43歳になる元英国ボクシングのスター。
過去にはマイク・タイソンやダニー・ウィリアムズ等の強豪とも対戦しているが、往年は14連敗と年齢と供に調子を落とし消えていったロートル。
少々いただけない試合だ。



他にもポール・デイリーvsマーク・ウィアーの瞬速鬼コンビネーションのデイリーか、一撃必殺ストライカーのウィアーかという好カードも。
[PR]
# by benkeijames | 2007-08-11 02:41
トロージャンに強力なニューフェイス
トンプソンを『チームでは中くらいのサイズ』と言うほど、巨大でパワフルな選手を数多く持つトロージャン。
テコンドーアマチュア大会を軒並み荒らしまくってる半蔵、ホンマンよりも巨大なアルヴィダス(引退)、ボブサップよりも縦にも横にも大きいアシュリーなどなど。
そして、新たに巨大で強力な力を持った怪物がトロージャン入りした。

その名もドミニク・オストジッチ。
ミルコや弁慶を初めとする、ナチュラルに強い体躯を持つクロアチア人と、
ボクシング界では数々の名チャンプを輩出し、格闘技以外のスポーツでも活躍し続けるイギリス人の血をひいた男。

そのサイズは数字にして195cm,125kg。
無駄な肉は殆どついておらず、スーパーヘビー級選手にしてバランスのとれた体格を持つ。

バックボーンはムエタイで、クロアチアで開催されるイベントに精力的に参加。
42勝6敗という驚異的なレコードを誇っている。
その巨体から繰り出される打撃はパンチ、キックともに強力。
一発当たれば相手が吹き飛んで倒れるほど。
その全弾必殺の打撃を休み無く打ち続ける無尽蔵なスタミナも併せ持っている。
更に、フィジカルから来る強みだけではなく技の多彩さや、機敏さにも長け、
バックスピンや踵落とし、クロスカウンターなどで試合を決める事もある。

そして、長年培ってきた打撃技術を武器に総合格闘技に移行する決意。
クロアチアとイギリスにチームを持つ、トロージャンに入門した。
現在は本チームであるイギリスでジェームス・トンプソンや、主力選手と特訓中。
不安要素の一つであるグラウンドの練習も、パンナムチャンピオンであるイタロと、オリンピックフリースタイルイラン代表のサイードと行いぬかりはない。

現在、チームは彼のデビュー戦に向けてある団体と交渉中。
その対戦相手も打撃のエキスパートであり、このカードが決まれば注目が集まる事は必至。
ドム(愛称)のこれからの活躍に乞うご期待。

怪物の実力をチェック

[PR]
# by benkeijames | 2007-07-29 01:42 | トロージャン情報
ジェームス、牛若敗北
先日行われたCR22に出場した、トロージャンのジェームス・トンプソンとロニー・マンについて。
結果は皆さんご存知でしょうから経緯まで。



f0056307_393346.jpg

まず、今回大会の目玉の一つとして登場したジェームス。
PRIDEとの契約問題や、数々の業界事情にもまれながらもなんとか出場。
対戦相手も当初予定されていた、コレイラからキモに、キモからネイルにとドタバタ全快。
そして、前日にやっときまった対戦相手のネイル・グローブについての情報は全くありませんでした。
試合の方ですが、チームの作戦としては打撃から組み付いて開始早々にテイクダウンを奪うこと。
しかし、一発いいパンチがヒットするとジェームスはセコンドの指示を聞かず暴走。
練習してきたボクシングを生かそうとしたのか、空手がバックボーンで体重も上回るネイルの打撃に正退してオバーハンドに被弾。
一撃で失神というまさかの結果に・・・
試合後、ジェームスと話しましたが
「自分でもなんであんな試合をしたのかわからない。
ファンの皆に申し訳ない気持ちでいっぱいだよ。
このどん底からもう一度這い上がりたい。」
とコメント。
今回の敗戦のショックは大きかったようです。
自分はこれからもジェームスを応援していきますし、
これまで応援していただいたファンの方々もそうだと信じています。
もし、これで失望してしまったファンも、いつかは戻ってきてくれるようなファイトを期待したい。




f0056307_3104734.jpg

そして、牛若。
日本では今成さんに秒殺された印象しかないであろうロビー・オリヴィエと英国王座戦で対戦。
今回は打撃特訓に精をだし、準備万端とおもわれたが・・・。
強いレスリングベースをもつオリヴィエ相手になかなか仕掛けられず、テイクダウンを許す展開に。
1Rはボトムからの展開で若干優位にたつものの、
2Rからは打撃に付き合わずテイクダウンの型にはめたオリヴィエが圧倒。
待ちに徹しすぎて、結局いいところをみせれないまま判定負けとなってしまいました。
試合後、実父チャーリーもかなり落胆していました。
しかし、彼もまだ19歳。
これからの練習でまだまだ強くなるでしょう。
目指せ今成!
頑張れロニー!


今回、ゼルグも出場を熱望していましたが、間に合わず。
今後の予定もまだ未定となっています。
こんかい正チームメンバーとして出場した2人はまけてしまいましたが、
問題は負けたことではなく、このあとどうなるか。
そして、ファンの方々がどう思うかです。
ジェームスをはじめ、トロージャンのファイターがこれからも躍進することと、
ファンの皆様が変らず応援し続けてくれることを願ってやみません。
[PR]
# by benkeijames | 2007-07-21 03:17
暴拳がうなる!Anno Domini Fight Night2の動画!
弁慶に「Anno Domini Fight Night2の動画が早く見たいなぁ」とお願いしたところ、なんと翌日に公式サイトにアップしてくれました。
今大会は初期発表カードよりは大幅にパワーダウンしたものの、注目の若手選手が多数参戦。


f0056307_10503413.jpg

※ジョン“暴拳”フィリップスvsミハリー・ドブライ
チームトロージャンから参戦した唯一のファイターであるジョンは、
フックを警戒するハンガリーのトータルファイター=ドブライをなかなかとらえることをできず苦戦。
さらにはテイクダウンを許してしまう・・・。
一年前、テイクダウンされてから全く何もできずにパスされてKOされた悪夢が蘇るが・・・。


f0056307_1122421.jpg

ダミアン・ミレニッチvsジェハード・マシーン
かつてはPRIDE参戦を噂され、ミルコのスパーパートナーやクロアチアの新星として日本のファンにも知られていたミレニッチ。
弁慶との親交も厚く、ついに登場。
対戦相手のジェハードは前回大会で、トロージャン無敗の柔道ファイターマーロ・ピークスに敗れるもフルラウンド戦い抜いた強豪。
クロアチア屈指の実力者の復活劇を目撃せよ。


f0056307_1110199.jpg

マリオ・ヴァレンティッチvsマルコ・ジュキッチ
WBCムエタイ世界ランカーにてK-1初代王者シカティックの愛弟子であるマリオ。
前回大会でまさかの9秒KO負けを喫して、師匠のシカティックを激怒させてしまったが、
今回、満を持しての再起戦。
ラッシュガードを来て寝技に持ち込む気満々の対戦相手をどう迎え撃つのか。


f0056307_11225651.jpg

セリム“ビッグボス”ヴァラジッチvsクレシミール・マラソヴィッチ
今大会注目の重量級対決。
クロアチアチームトロージャンの巨漢ファイターセリムと、ポストミルコ最有力候補のキックボクサークレシミールの一戦。
いきなり巨漢からは想像できないスピードのパンチとハイキックを繰り出すセリム。
落ち着いて対処したクレシミールの反撃は・・・。


などなどなど。
他ファイトも公式サイトで公開中です!
是非チェックしてくださいね。
[PR]
# by benkeijames | 2007-06-30 11:27
久々更新!選手近況などなど
※ジェームス・トンプソン
f0056307_393346.jpg

PRIDEも忙しいみたいで中々試合が決まらなかったんだけど、CageRageでキャベツと戦う事になったよ。
久しぶりに試合ができて本当に嬉しい。
今はキャベツ戦に向けて凄くハードに練習している。
欲を言えば、大きくてハイレベルなスパーパートナーがもっと欲しいんだけど、
練習から多くの事を学んでいるし、日に日に自分が強くなっている実感があるんだ。
最近は特にボクシングに重点を置いて練習してるんだ。
また日本のファンの前で戦える日が来ることを願ってるよ。
リップサービスでもなんでもなく、俺は日本のファンが世界で一番だと思っている。
PRIDEが再開する日が待ち遠しいよ。



※ゼルグ
f0056307_3114074.jpg

二回目のイベント(Anno Domini Fight Night2)も成功してホッとしている。
ジョン(暴拳)はグラウンドでも成長を見せて勝利した。
彼のKOはものすごかったぜ(ADF2のハイライト参照)。
俺についてだけど、とてもハードにトレーニングしてるんだけどまだ次の試合が決まって無いんだ・・・。
ブログのみんなのメッセージはとても心の支えになるし、次に日本で試合するときはもっともっと強くなって戻って期待と思っているんだけど。
とにかく試合が早く決まって欲しいね。



※ロニー
f0056307_3104734.jpg

CageRageのタイトルマッチに向けてハードにトレーニングしています。
対戦相手のオリヴィエは決して侮れない相手だけど、キックか膝でKOしようと。
だけど、自分は試合前にあーだこーだ考えて型にはまってしまうのは好きではないので、
楽な気持ちで試合をしたいと思っています。
僕をはじめ、これからUKから出てくる沢山のファイターの活躍に期待していてください。



※ニューフェイス達
ボブ・サップより巨大な大型新人がトロージャン入り。
現在徹底指導中で、プロデビュー間近。
チャーリーの次男坊であるエディー・ジョセフが遂にムエタイデビュー戦。
チャンネル7で放映するとか。
乞うご期待。
[PR]
# by benkeijames | 2007-06-28 03:02 | トロージャン情報
Anno Domini Fight Night2結果
f0056307_1515772.jpg

事前にちょっとしたドタバタがあり、カードは大幅変更。
イギリスのチームトロージャンからは、暴拳一人の出場となってしまった。
対戦相手も当初の柔道出身の強豪イゴールから、MMA二戦二勝のミヒャリ・ドブライに変更。
しかし、やる事はいつもとかわらず今回も豪腕をうならせ見事にKO勝ち。
暴拳は、これで5連続KO勝利。
もう一ランク上のファイターとの対戦が楽しみ。

そして、その他のカードでは元チームクロコップで武士道参戦も噂されたダミアン・ミレニッチがポーランドのマシーンに勝利。
ブレイドへのまさかの敗戦から2連勝。
ここからまた調子を戻せるか?

前回大会で暴拳にまさかの9秒KO殺を食らった『シカティックの金の卵』こと、マリオ・ヴァレンティッチはマルコ・ヴァレンティッチにハイキックでKO勝利。
WBCムエタイランキングに名を連ねるクロアチアの新星が暴拳を追いかけるべく再始動。
詳細、動画は追って追加予定です。
[PR]
# by benkeijames | 2007-06-12 01:12
ジェームス トンプソンについて
久しぶりの更新で恐縮です
現在引っ越しをしたばかりでして最低でも土曜日までネット環境がない状況で携帯からの更新となります
本日チャーリーから連絡があり、ジェームス トンプソンの名前がDynamite!でのホンマンの代役に入っていたことについてコメントがしたいということでした


一部で6月3日のdynamite!にジェームス トンプソンがチェ ホンマンの代役候補に入っているという噂がありましたが、
トロージャン、ジェームスが書面は勿論、口頭を含めいかなる契約、移籍交渉もしていないことをここに記載します。
現在ジェームスは次の試合に向けてボクシング技術の向上に努めており、
モチベーションも非常に高い状態です。
陣営はPRIDEからのオファーやコンタクトを待っています。
[PR]
# by benkeijames | 2007-05-31 20:18
クロアチアにトロージャン再上陸

f0056307_1515772.jpg


プロ-93kg契約試合
ステイプ・ベカヴァッチvsマルコ・イグルッチ

プロ-77kg契約試合
マシュー・セラーズvsフィリップ・シャーンズ

プロ-66kg契約試合
ロニー“牛若”マンvsミッチャル・ハムルシミド

プロ-93kg契約試合
マイク“アイアンゴリラ”エドワーズvsイヴォ・ズィザック

プロ-84kg契約試合
ジョン“暴拳”フィリップスvsイワン・ブルグリャン

プロ-84kg契約試合
マリオ・ヴァレンティッチvsマルコ・ジュキッチ

プロ+93kg契約試合
セリム・ビックボスvsクレシミール・マラソヴィッチ

プロ-77kg契約試合
ディヴォル・ジュゴヴァッチvsドラガン・バクラ

プロ-70kg契約試合
ブラゼンコ・トミシッチvsトーマス・ヘンセルバーガー

プロ84kg-契約試合
ダミアン・ミレニッチvsジェハード・マシーン

プロ93kg+契約試合
マーク・ブキャナンvsミオドラグ・ペドゥコヴィッチ

アマチュア77kg契約試合
クリス・ウールコットvsイワン・トルシェック



前回、弁慶が主催した事で注目を集めたイベントAnno Domini fight nightの第二回大会のカードが決定。
前回の大会にはクロアチアとイギリスのチームトロージャンが多数参戦。
数千人の会場を満タンにし、国内で放送も行われ大成功を収めた。
そして、今回のラインナップは以前に増してパワフルなものに。
更にはルールも頭突き、肘打ちOKと更に過激に変化。
勿論前回大会同様、今大会にもトロージャンから有望な選手が多数参戦する。

まずセミファイナルにマシュー・セラーズが登場。
トロージャンの中で一番のイケメンであり、努力家。
柔道とレスリングで素晴らしい実績を持ち、グラップリングの技術が非常に高い選手だ。
対戦相手はオーストラリアのストライカー=フィリップス・シャーンズ。
データが少なく、正体がわからない不気味な存在。
マッティの真価が問われる一戦。

驚きの参戦は六月にCageRage英国王座戦を控えたロニー“牛若”マン。
英国内で激化する軽量級戦線でトップの位置にいるロニー。
近年ではボクシングテクニックとレスリングテクニックに磨きがかかっている。
対戦相手のハムルシミドはチェコの、ムエタイベースのオールラウンドファイター。
ここ最近で5戦して4勝1無効試合と勢いに乗っている選手だ。
チューンナップマッチで指名する相手とは思えないが、それだけロニーのタイトルマッチに向けてのモチベーションの高さが伺える。

そして、今大会も会場を興奮の渦に巻き込むべく現れたのがウェールズが誇る破壊王コンビ=アイアンゴリラ&暴拳。
アイアンゴリラは前回対戦予定だったイヴォ・ズィザックと対戦が決定。
来日時に怪力パウンドに加え、頭突きとエルボーの雨を降らせると予告。

前回大会でK-1初代王者ブランコ・シカティックの愛弟子を僅か9秒で粉砕した暴拳。
今回の対戦相手はこれまでの対戦相手のレベルとは違うイワン・ブルグリャン。
柔道をベースに持つファイターで、グラップリング技術が非常に高い選手。
2H2Hトーナメントの覇者ジョーダン・ラデフと3R戦い抜いた経験もある。
過去に柔道ファイターのジム・ウォールヘッドに何もできずに負けた経験がある暴拳。
自らのMMA戦績十戦目で再戦がしたいと公言しているだけに、再戦に向けての苦手意識克服試合か。

今回はトロージャンファイター達が参戦するカードだけでなく、アンダーカードにも注目。
クロアチアのチームトロージャンからセリム・ビッグボスとブラゼンコ・トミシックが参戦。
前回大会で二人とも壮絶なKO勝利を見せている為、今回の一戦にも期待がかかる。

他にも一時武士道参戦が噂されたダミアン・ミレニッチや、
CageRageに参戦したマーク・ブキャナンvsバルカン半島のMMA王ペドゥコヴィッチの一戦、
シカティックの愛弟子ヴァレンティッチの再起戦など見所が沢山。
メインイベントはクロアチアの新鋭二人が潰しあう。
[PR]
# by benkeijames | 2007-05-17 15:15 | トロージャン情報
オマケ更新、英国紳士とブレックファスト
f0056307_2129.jpg

更新が遅れてすみません。
最後の日の出来事をちっちゃく更新です。

トロージャンが帰国する最後の日。
昼前に、バイバイを言いにホテルへ。
チャーリーはセコンドの疲れで爆睡中だったので、とりあえずゼルグの部屋を訪ねる。
部屋にはちょっぺり顔を腫らしたジェームスも。
昨日ランデルマンに励まされたとはいえまだテンション低めのゼルグ。
「大丈夫?」と聞くと力なく笑ってみせてくれる。
その後三人でペラペラ喋って、ジェームスが朝飯を食いにいくということなのでついていくことに。
ゼルグは既にすませたということなのでバイバイ。
「俺もホテルのチェックアウトがあるからここでバイバイだね」とゼルグに言うと、
ゼルグは「ファンにもし応援しつづけてくれるのなら、きっと強くなって戻ってくると伝えてくれ」と決意の固まった表情で言った。

部屋を後にしてジェームスとホテルのレストランで朝食をとりにいく。
二人で席につき、パンをむさぼりながらトーク開始。

俺「しっかし、ドン・フライはよく立っていたね」
J「なんでレフェリー達は俺達の試合の時に限ってストップが遅いんだ。フライは既に目が飛んでたんだよ。危険だと思ったね。」
俺「何発も入ってたからねぇ」
J「途中からスタミナ切れを起こしたり、カウンターを食わないようにストレートを打つようにしたんだよ。」
俺「冷静だったね。膝もいい感じで入ってたし。
次は誰と戦いたいとかはあるの?」
J「ロブ・ブロウトンには正直興味はないな。アレックス、バタービーンと藤田とは再戦をしたいと思ってる。
次やったときは前より素晴らしい試合ができる自信があるんだ。
あとは、今の俺じゃ勝てないかもしれないけどマーク・ハントだな。」

俺「UFCとか他のリングにもいい選手はいっぱいいるよね。ベン・ロズウェルとの試合なんかも見て見たいなぁ」
J「面白いだろうね」
俺「最近の練習はどう?」
J「トロージャンのトレーニングはとてもいいものに変わったよ。
ただ俺に見合ったでかいパートナーがなかなかいないんだよね。」

俺「アジム(半蔵)とかは?」
J「アジムはでかいし、スタンドではとんでもない化け物だけどグラウンドが全然なんだ。
他にもアシュリーっていうボブ・サップよりでかい奴もいるんだけど、技術が足りないんだ。」

俺「うーん、ジェームスはイギリスでも相当でかい部類に入るもんね・・・。
そういえば、サップが次のCageRageで試合する(結局中止)けどどうなると思う?」
J「グラウンドにいけばサップが勝つと思うよ。
ターナーとは一緒に練習したことがあるけど、グラウンドに関してはまだまだな選手だ。
スタンドならどうなるかわからないな。」


とこんな感じで話して朝食を食べ終えた。
自分のホテルのチェックアウトの時間がギリギリに迫っていたので、遂にチームトロージャンともここでお別れすることに。
ジェームスには「また戻ってきてね!」とがっちり握手して伝えた。
[PR]
# by benkeijames | 2007-05-08 02:25