CageRageのPPV実況
煽りV
イアンとマンフーフが口喧嘩。
イアンがクッキーかなんかを木っ端微塵にする。
あと俳優ファイターデイヴ・レゲノやイアンが登場。
トロージャンファイターは登場無し。

イアン・フリーマンvsメルヴィン・マヌーフ
○マヌーフ(1R KO)フリーマン●
ローから前に出るイアン。
しかしメルヴィンは動じず、自らパンチでいったフリーマンにメルヴィンは速射砲でいきなりダウンを奪う!
そして、それでも足にすがろうとするイアンに容赦なくパンチを叩き込み。
最後は壮絶な失神KOに。

ジェームスvsフロートン
結果
●ジェームス・トンプソン(3R TKO)ロブ・フロートン○
1R
スタンドの打ち合いで優勢に出て、
ロブのタックルをことごとく潰しバックからサイドから殴りまくるトンプソン。
スタンドでもダウンを奪う。
フロートンの藤田以上の粘りに手を焼く。
2R
スタミナが切れスタンドで有効打をもらいはじめるジェームス・・・。
何度かぐらつき、タックルをつぶしてもキレのあるパウンドを打てない。
3R
フロートンの打撃に完全に劣勢になったトンプソンからサイドポジションを奪ったフロートンは鉄槌を落としまくり、
トンプソンは意識朦朧ウたれるがままとなり試合終了・・・・・・。

アイブルvsシャーナー
結果
○ギルバート・アイブル(1R TKO)ファビアーノ・シャーナー●
1R
アイブルはパンチで意外と細かいコンビネーションを集めて攻める。
飛び膝できめにかかるも綺麗にカウンタータックルを合わされる。
下になり、シャーナーはすぐに足関節へ。
アキレス、トーホールドと切り替えるも極まらず。
シャーナーは上になるもまた膝十字を狙うも、それを潰されたところにいいようにパウンドをもらい自滅。
直前で準備したので、短期決戦にでたのか・・・頑張ったなシャーナー。
試合前の様子
アイブルは「でっけぇ奴」とシャーナーの印象を語り、
シャーナーはなんかちょっと喋り方が不思議ちゃんみたいできもかわいい。
アイブルは試合前がんつけまくり、シャーナーは笑顔で答える。

弁慶vsカーチス
○弁慶ゼルグ(1R腕十字)カーチス・スタウト●
1R
弁慶の凄まじく早いサイドキックとローに驚いたカーティスがタックルへ。
テイクダウンして金網におしつけるも、弁慶が下から腕十字で秒殺!!!!!!!
うほぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
試合前の様子
弁慶は終始笑顔で余裕、カーティスも余裕。
そして今回何とも嬉しかったのがネームコールも「ゼルグ弁慶ガレスィク!!!」
うおー、やばいなコレは。

戦闘竜vsベリー
結果
○ロバート・ベリー(1R TKO)戦闘竜●
1R
両者一機に前に出て打撃の打ち合い。
戦闘竜がフックで吹き飛ばすも、ベリーも負けじとパンチを返して戦闘竜はグロッキーに!
なんとか立て直してタックルにいくも、ベリーはうまくいなして戦闘竜の上になるとパウンドを連打。
打たれるがままの戦闘竜にレフェリーは試合を止めた・・。
試合前の様子
戦闘竜髭金髪。
二人ともいい表情。
両者からKO宣言。
そしてネームコールは『ヘンリー“戦闘竜”ミラー!!』

エプステインvsレゲノ
試合結果
○エプステイン(1R KO)レゲノ●
1R
両者背中に何か入ってるのかというくらい、背筋をたてて打ち合い。
空振りまくりで、まさに低レベルといった試合。
と思ったらエプステインのハイから左右のフックで、レゲノはスローモーションのように倒れて失神。
もう目も当てられない。
試合前の様子
コメンテータ付け髭をつけてふざける。
最初はニコニコしてたエプステインだったが,最後は作ったキャラで「喋りたくない消えろ」とカメラをおっぱらう。
レゲノは聖書を読んでアホな事をわめきはじめる。
入場も聖書と十字架、聖女のコスプレした女の子を連れてリングイン。
アホだ(笑。

松井vsピエーレ
結果
●松井(2R カットによるTKO)ピエーレ○
2R
飛び蹴りしてきたピエーレを松井がテイクダウン。
インサイドガードから展開がなくブレイク。
スタンドの展開になると両者パンチで勝負するが、有効打は殆ど無し。
松井が片足タックルにいくもピエーレはがぶってコツコツパンチからバックへ。
松井がうまいこと反転して上に。
しかし何故か松井出血。
レフェリーの判断で試合終了。
1R
試合前のルールチェックで通訳て松井(笑。
意外にも松井はスタンド勝負、ローとパンチでうまく出入り攻勢。
たまにピエーレのいいストレートもかすめてヒヤヒヤする。
松井が打撃で攻勢のままタックルから大内刈り。
ピエーレは逆らわず引き込み。
松井がパウンドとみせかけて一瞬の隙をついてアキレスも、ピエーレ耐え切るが松井はすぐ上を取る。
松井上のまま膠着ブレイク。
スタンドから再開、ピエーレのアッパーで松井ぐらつく。
試合前の様子
ピエーレはアジア系。凄い謙虚でいい人。
松井はコメンテーターの人とじゃれる余裕あり。
観客もうけてる。
ちくしょー、こんな試合前ばっか回線の調子よくても困るんだよ。



ジーン・シウバvsモハメッド
結果
○アブドゥル・モハメッド(3R判定2-1)ジーン・シウバ●
3R
両者疲労困憊でキャッチレスリングのような試合に。
最初はシウバがアームロックを切り返して腕十字にいくも極まらず。
後半はレスリング力で勝るアブドゥルが上を取り続けるも効果的な攻撃はできず。
どっちつかずだったが強いて言えばモハメッド。
10-9かな?
2R
シウバが今度はテイクダウン。
コツコツと効果の少なそうなパンチ。
とここで回線が乱れるハプニング。
治るとアブドゥルが上。
しかし立たれてシウバの膝をくらって打撃で劣勢。
もう少しでダウンしそうなくらいフラフラ。
10-9でシウバ。
1R
シウバが足技でペースを握り、アブドゥルがタックルにきたとこをキムラ。
凄まじい角度に極めるもアブドゥルは凌ぎきり、シウバのマウント。
更に肩固めにとらえるも浅く、自分から立ち上がる。
ここまで圧倒的シウバペースだが、ラスト1分でアブドゥルがテイクダウンを奪い鉄槌の嵐。
フットスタンプをしかけるとシウバは足関節、足を抜いてパウンドと凄まじい展開。
10-9アブドゥルかな。
試合前の様子
煽りVの代わりに試合前インタビュー。
やたら長くて萎える。
シウバは英語上手。
二人とも淡々とぶっつぶす的な事をコメント。
勝者はヨアキムとワールドタイトルマッチの噂。
[PR]
by benkeijames | 2006-07-02 04:06
<< トロージャンのCageRage 明日、CageRage開催!! >>