未知のトロージャン滞在日記
f0056307_2124517.jpg

今日のメニューはトロージャン選手みんなが大嫌いだというヒルズラン!
昨晩、北斗の拳にのめりこんでなかなか起きれない自分をチャーリーが笑顔で起こしに来てくれる。
うーん・・・この人の笑顔は神様のようだ。
さて、急いで身支度をしてみんなが待つ三階へ上ると、そこにはみんなの顔が。
参加するのは勿論プロのファイターのみ。
コンラット、イタロ、牛若、ジェームス、Trojanハリトーノフ(凄く似てる)、マッティが既にスタンバイ。
すぃましぇんと用意して、トロージャンバンへgo!

寝不足から車でウトウエトしていると、後ろからジェームスが僕の坊主頭をちょこりとつついて
「大丈夫か!?今日のはやばいよ」と忠告。
まじっすか・・・・。
さて、ボーッとしてるといつのまにやら森の中。
「いくぞ」と言われてランニングの服に着替えると、ランニングシューズを忘れたことに気づく。
まずっ・・・まぁロードワークじゃないし大丈夫か・・・とオールスターでレッツラゴー。
道路から外れて、何の道路も無い山道をポクポクと進むと、
凄い急な坂を下る。本当に足を滑らせそたら転がってきそうなくらい急だ。
坂を下ると、急ではないけど長く拾い坂道が現れる。

「よっしゃ、アップいこうか」というチャーリーの声で、
みんなジョグで長い坂道を走ってく。
うーん・・・ちょうどいいね。
そこからモモ上げ、かかと上げ、サイドステップで上り下りを繰り返して足を暖めてく。
「ペアになってー」といわれて、自分は体重が一緒のロニーとペアに。
「パートナーをかつぎあげて登れぃ」というチャーリーの支持で自分はロニーをかつぎあげてエンヤコラとノロノロ登る。
自分達は軽量級コンビなので下を見るとみんながそれ以上に遅く登ってる。
ジェームスを担げる人は誰もいないので、二人がかりで持ち上げて坂を登る。
終わるともう足がプルプル言いはじめてる。

「よーし本番だぁ」
うえぇ、足がもうやばいよぉ・・・。
何でも緩やかで長い坂を七割の力でのぼった後に、急で短い坂を全力で五本上るとのこと。
しかもそれを三本!!
これもペアで登るんだけど、ロニーの七割が自分の全力と変わらず全然きつい。
「ちょっ・・・まっ」と思わず日本語が出そうになる。
長い坂を下ると、急な坂の全力ダッシュ開始!!
口から心臓が出そうになる・・・まずい・・・・・・気持ち悪い。
ロニーは自分より早いために、後ろから「行け!行け!遅くなるな!全力でいこう!」とケツに火をつける。
死ぬ気で登りきり、もう一回を繰り返す。
ついに五回登り終わって、坂と坂の間でヘロヘロになる。
休むまもなく、チャーリーの「アゲイン!」でもう一度登る。
朝は神様に見えたチャーリーの笑顔が悪魔に見える。
なんとかロニーに食らい付いて、三本終える足も心配も言うことを聞かなくなって完全ダウン。
「お・・・おえぇっ」と吐き気を催してうずくまると、イタロも途中でアウト。
ジェームスが持ってきた水にかぶりつくとチャーリーは凄く笑顔(笑。
他のみんなは、まだ走る・・・すげー。

イタロと一緒に撮影用にデジカメをバンに取りに戻り、また坂道に戻るとジェームスもリタイアしてる。
「へへ」と笑って水を飲んでるのを見てイタロとジェームスと自分に友情のようなものが芽生える(笑。
チャーリーとジェームスとイタロでがんばるみんなを尻目に喋っていると、
「弁慶はマジメにやらないんだよ。
 木の後ろに隠れたり、木に登ったりしてふざけてやるんだ(笑。
 誰よりもヒルズランが嫌いなんじゃないかな。」
ほほえましいですな、その度胸が欲しい。
あー、弁慶と一緒に練習したかったなぁ。
そうこうしてるうちにみんなランニングを終えてゴールイン。

バンまで歩いて戻って、汗でびしょぬれになったパンツをチェンジする。
ジェームスが着替えでお尻を出すと
「デブだ!」「太ったろ!」「でけー尻だ!」とみんなが爆笑しながら指差すと、
いじめられっこのような顔で親指をかんで振り向くジェームスにみんながまた爆笑。
シャッターチャンスを惜しくも逃す・・・ごめんなさい皆様。

今日の練習は、あとは午後のMMAのみ!
[PR]
by benkeijames | 2006-08-30 21:03 | トロージャン情報
<< アダム・ミルズが総合参戦間近! 未知のトロージャン滞在日記3 >>