ジェームス・トンプソンのStrike force、ポール・ブエンテーロ戦について
MMAWeekly、CageWarriorsのフォーラムを騒然とさせたStrike forceでのポール・ブエンテーロ戦についてコメントさせていただきたいと思います。
まず、StrikeForceオファーを受けていたのは事実であり、対戦相手についてもポール・ブエンテーロということでオファーを受けていました。

次に、この試合を実現するにあたってクリアしなければいけない事象が2、3あります。
まず第一にジェームスは以前発表したとおりPRIDE/DSEとの長期契約中であり、
StrikeForceは、ジェームスの参戦にあたってPRIDE/DSEから許可を取らなければいけません。
これは決してStrikeForceとDSEの仲が良くない(アリスターとヴィトーが出場できたことから解るように)だとかそういう理由ではなく、契約としてそういう事になっているという事です。

つぎにこのオファーはファンの皆様が思われているように非常に急なものです。
ジェームスはイギリスと日本以外では未だ試合経験がなく、試合するにあたってビザの取得や書類等の準備が必要です。
この用意をするのにかなりの時間がかかり、8日の大会開催までに間に合うかは微妙ということです。

これらの事情に加え3日にCageGladiator、9日にCageRageが控えていることや、
陣営としても非常に多忙な月であることから、現時点で「Strike Forceでポール・ブエンテーロと戦う」という事実はなく、発表も正式なものではありません。
続報については入り次第逐一、報告させていただきたいと思います。
[PR]
by benkeijames | 2006-12-02 08:01
<< CageGladiator3の... ロニーの成長振りをチェック。 >>