<   2006年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧
弁慶クレイジーインタビューミーナー
f0056307_2350567.jpg

弁慶:トロージャンブログの友達、家族、エルビスファンの皆さん!
ようこそ俺のインタビューコーナーへ。
今日は俺のチームメイト、ジェームス“ミニパンク”トンプソンにインタビューしちゃうぜ。
スモウスタイル(はい?)でインタビューするけど、失敗しない事を祈っててくれ!

弁慶:やぁ、ジェームス!
ブログのみんなの為にインタビューを受けてくれてありがとう。
君はいっつも寿司ばっか食ってるな。
寿司と小さな子どもを食べてるからそんなに、でかいのかい?

ジェームス・トンプソン(以下JT):寿司は好きだけど、子どもは食べないよ。
何故俺の体がでかいかといえば、やっぱりたくさんのプロテインを飲んでるからだろう。


弁慶:日本に来ると、いつも寿司ばっかり食ってるからそう思っただけだよ。
話は変わるけど、アメリカのファンはゴンガンダッシュとかブルラッシュとか言ってるね。
あだ名みたいに、もしも角が生えてたらもっとダメージを与えられそうだよな。

JT:角は生えてないけど、アメリカのファンがブルラッシュって呼んでるのは知ってるよ。
なんでかは知らないけど。


弁慶:たぶん、ジェームスに痩せろって言ってるんだよ。
牛は草ばっかり食べてるけど、ジェームスも前食べてたよね?おいしいの?

JT:草なんか食べたこと無いよ!
俺はよくプロテイン飲んでるって言っただろ。


弁慶:草食べた方がいいよ、痩せるから。
三つ目の質問に行こうか!君は日本に女性のファンがいるよね。
それはやっぱり君の見た目がハードゲイ(弁慶のマイブーム)に似てるからだと思う?

JT:ハードゲイって誰だい?

弁慶:ハードゲイ知らないの!?超有名人でかっこいいんだぜ!

JT:もし彼が本当にかっこいいなら、俺もそのくらいかっこよくならないとね。

弁慶:だからそっくりだって。
ところでジェームス見て解るように、俺はとってもハンサムなんだが、嫉妬したことはあるかい?

JT:なんだその質問は(笑)
もちろんした事ないよ。なんで俺がお前と俺の顔を比較しなくちゃならないんだよ。


弁慶:俺の方がハンサムだからさ!
君の体重は122kgだろ?そのうち君のお尻は何%だと思う?
多分77%はあるぜ。

JT:それは俺の尻がでかいってことか!
もう沢山だ、お前にインタビューは無理だよ弁慶(笑)
失礼なだけじゃないか!?


弁慶:バイバイ、ジェームス!
葉っぱと寿司でいい体にキープするのを忘れないでな!
ジェームスへのインタビューはうまくいかなかったから、次は半蔵にするよ。
これからも牛若、チャーリー、マットにインタビューする予定だ。
メルビンや、デイヴ(CageRage代表)、ジェフなんかのゲストにもインタビューするぜ!
[PR]
by benkeijames | 2006-07-23 23:51 | 弁慶ゼルグ情報
ジェームス・トンプソンからのお返事、近況
f0056307_22235967.jpg

トロージャンブログのみんな、心配してくれてありがとう。
もちろん、体を休める為に少し休んでいるとこなんだ。
確かに前の試合ではちょこっとゆすられたけど俺は大丈夫だよ。
試合では重大なミスを何個か犯してしまったけど、それはもう起きてしまったこと。
体はもう大丈夫だし、すぐにトレーニングを再開するつもりさ!
連休にはATTに行って練習する予定なんだ。
とにかく、勝って当たり前の試合でみんなを失望させてしまって本当にごめんよ。
次は必ず強くなって戻ってくるよ。
そうそう!ファンのみんなにPRIDEと18ヶ月契約をしたことを伝えたかったんだ。
沢山の人が俺に「やめたほうがいい」なんて言ってきたけど、
だけど、チャーリーが「PRIDEは我々のホームで、もし彼らがなくなるのであれば、それまでついていくべきだ」と言ってくれたんだ。
俺は彼が正しいと思うぜ。
ところで弁慶のインタビュー第一弾に俺が出るんだけど、シカトしてくれ。
奴はラリパッパみたいな失礼な野郎だ(笑。
[PR]
by benkeijames | 2006-07-23 22:29 | トロージャン情報
ージェームスからファンの皆様へ
f0056307_17515118.jpg

まず最初に応援してくれた、みんなに有難うと言いたい。
実はあの試合の直前まで、脱水症状をおこしてしまって戦わない予定だったんだ。
しかし、弁慶は俺の前の試合でUFCファイターを撃破したし、
トロージャンブログの皆や、チームのみんなを失望させるわけにはいかないし、覚悟を決めてリングに上がった。
前日は吐き気と脱水症状を起こしていた。
試合の日はUKの歴史に残る高温を記録する日で、試合が始まってパンチを一発打った時点で俺は疲れてしまった・・・。
自分でも凄く弱っているのが解ったよ。
もしかすると、試合前に相手のチームに体調不良で戦えないというべきだったのかもしれないが、トロージャンブログとチームの家族の為にリングに上がった。
今はひどく気分が思いしとても悲しいけど、きっと元気に戻ってくるよ。
みんなが心配してくれているような体の問題ではなく、俺の心が傷ついたのが問題なんだ。
ホーム(PRIDE)に帰って、以前のような俺の戦いを見せる事を約束するよ。
応援してくれて本当にありがとう。

ジェームス・トンプソン

[PR]
by benkeijames | 2006-07-06 17:51 | トンプソン情報
弁慶vsスタウトの動画更新!
f0056307_16493916.jpg

弁慶vsカーティス・スタウト


弁慶vsカーティス・スタウトの動画を早くも更新。
Download nowをクリックして保存、お楽しみください。
弁慶の鬼速蹴技と、一瞬の隙をつく高速腕十時をチェックできます。
尚、弁慶及びトロージャンは

この試合への感想及び、アドバイスを必要としています!!!

掲示板かコメント欄へ頂ければ幸いです。
[PR]
by benkeijames | 2006-07-03 16:56 | 弁慶ゼルグ情報
選手情報
昨日の試合で相当なダメージを負ったジェームスですが、脳などへのダメージや大きな怪我はなく大丈夫だということでした。
しかしながら負けたり試合前に起こった個人的な問題により精神的ショックの方は大きく、トロージャン全選手で彼のケアにあたっています。
トロージャンブログの皆様にも、より一層ジェームスのカムバックへ励ましの言葉をいただければ幸いです。

そして、昨日試合を終えた弁慶から早くも御返事が帰ってまいりました!!!!
f0056307_21444861.jpg



トロージャンブログの姉妹と兄弟へ・・・。
みんなが今夜の勝利で、感動して満足して、この勝利を誇りに思ってくれていた事を願ってる。
今回はUFCのベテランと当たったけど、本当に勝って奴に「誰がサムライの誠心を持って戦っているか」見せてやりたかった。
UKのファンは俺がコールで弁慶と呼ばれて笑っていたけど、
このブログに来ている日本の兄弟や姉妹達の代表として戦う事に誇りを感じていたよ。
ケージに上がったときには、俺は俺が勝てるという事が既にわかっていた。
武士道の魂が俺の血管の中で脈打ってるのを感じたんだ。
俺の名前を笑ったUKの観客達は、試合を見て弁慶の本当の意味を理解しただろう。
一人のファンが何故俺が弁慶って呼ばれているか聞いてきて、俺は「それは俺が侍のように戦い、俺が真の侍だからだ」と答えたよ。
そして俺がこのブログのみんなの為に戦っている事を忘れないでくれ。
これからもみんなが誇りに思えるような戦いを続けられるように頑張るつもりだ。
これからもみんなの愛と、応援を受け取り続ける事ができるように・・・。

みんなの兄弟
弁慶ゼルグ

[PR]
by benkeijames | 2006-07-02 21:45
CageRageが今大会から全世界発信ウェブPPVを開始!
f0056307_738115.jpg

CageRageが全世界発信の当日ウェブの有料PPVを今大会から開始!
自分はADSLで結構遅いんですが、殆ど苦無く見れました。
画質もそれほど悪くなく、選手の動きもばっちり見えます。
番組構成はとてもさっぱりしており、次から次へとどんどん試合が流れていくので非常に面白かったです。
大会に必要な大番狂わせという部分をジェームスがする事になってしまったのが、悔しくてなりませんが今回の興行は普通の格ヲタから見れば試合内容結果ともに間違いなく100点満点な物でした。
二窓でやると障害が起きる事が多いのでお気をつけて。
次回大会にはハンセン参戦や数々の噂が立っていますが、今回の大会の完成度ならきっといいイベントになると思います。
次回大会は是非ウェブPPVでご覧下さい!
DSEもこれやればとんでもなく儲かると思うんだけどなぁ。
スカパーより遥かに楽だし。

オフィシャルホームページから飛んでください

[PR]
by benkeijames | 2006-07-02 07:38
トロージャンのCageRage2
○弁慶ゼルグ(1R 腕十字)カーチス・スタウト×
f0056307_7165777.jpg


ジェームスのまさかの敗戦の前に、自分は既に泣いていた。
弁慶がやったのだ。
正直、この試合相当危険で厳しい打撃戦になると誰もが思っていた。
チャーリーも自分も「信じるしかない」という本当に祈るしかできないほどにカーチス・スタウトは強力な対戦相手だった。
弁慶もきっと・・・・と思うと弁慶は試合前からニコニコ。
「多分2Rの始めに俺が勝つと思うよ」と凄く余裕。
人の気も知らないで本当に凄い肝っタマを持っているんだなぁ弁慶は。
対するカーティスは全く弁慶を相手にしてないような態度で「試合をうけてくれてありがとうよ、ただ多分お前の選択は間違ってるぜ」と忠告。
試合前から一気にボルテージはマックス。
入場でも、そしてケージに入ってからもずぅっと笑顔の弁慶。
(ちなみにそれまでゼルグ・ガレスィクとコールされてた弁慶も、今回は「ゼルグ弁慶ガレスィク」とコールされてとても嬉しかった。)
何がそうさせているのかわからないけど、とにかく余裕だ。
しかし、ルールチェックに入るとカーティスに一目もくれず、地面をにらみつけてグラブを合わせて試合開始!
カーティスは前傾に構えて完全に打撃モード。
いきなりサイドキックを二発打つ弁慶だが、その早いこと早いこと。
ローキックと同じくらいのスピードでバシビシとカーチスに当てていくと、実況席も「見ろよこのサイドキックを!」と興奮。
更に不用意に前に出てきたカーティスにロー一閃。
その凄まじいスピードと当たった時の音に、期待は一機に高まる。
しかし、ここでカーティスは一気にタックルから弁慶をリフトアップしてテイクダウン!
ぬおおお、レスリングの練習してたのに何だこのパワーは!!
カーティスは上を取ると、細かいパウンドを打ちながら弁慶をCage際に運ぶ。
まずい・・・まずい・・・それ鉄板のパターンじゃないか・・・・・。
密着するゼルグを肘でおしつけ引き離すカーチス、逃げろ弁慶!
と思うや否や、そのおしつけている腕をキャッチして一気にアームバー。
カーチスはリフトアップしようと試みるががっちり極まっておりタップ!!
弁慶は全くの無傷で恐らく2分かかっていない!!!!
色々な意味で信じられない光景だった。
恐らくコースケさんの所の予想大会でもこれは予想できなかったのではないだろうか・・・。
いっつも寝技の相手をしてくれていた、マッティに感謝しないとだね。
ゼルグは試合後、試合前と全く変わらない表情でニッコリと笑い、インタビューに応じた。
弁慶・・・とにかくおめでとう。
チャーリーと初めて話した時から君を応援しつづけてきて本当に良かった。
DSEさん、佐伯さん、弁慶ゼルグをよろしくお願いします。
[PR]
by benkeijames | 2006-07-02 07:17 | 弁慶ゼルグ情報
トロージャンのCageRage

×ジェームス・トンプソン(3R TKO)ロブ・ブロートン○
f0056307_6562840.jpg


信じられない番狂わせが起きてしまった・・・。
1Rからスタンド、グラウンドで積極的に攻めていったトンプソン。
ダウンも奪った、何度もマウント、バックも奪った。
しかし、何故か動きがいつもより凄く固い。
決められない・・・逃げられる。
信じられないタフネスが対戦相手にあるのは確かだが、何かがジェームスの動きを鈍らせてる。
緊張なのか、見る見るうちに体力を消耗していくジェームスは、スタンドでブロートンのパンチをもらいはじめぐらつきはじめる。
きっと悪夢だ、そんな事を思っているうちにジェームズはいつの間にかサイドを奪われ鉄槌の嵐に見舞われる。
レフェリーも恐らく自分と同じ気持ちだったんだろう、ジェームズの目は完全に飛んでいるのに全く止めに入らない。
「ここから逆転するはず・・・」願いはむなしくジェームズは、そのままパウンドをもらいつづけレフェリーストップ負けとなってしまった。
試合後は敗者もインタビューを受けるのだが、そこにはジェームズの姿はない。
恐らく意識のない状態で何発もパンチをもらいつづけ、相当なダメージを負ってしまったのだと思う。
最後鉄槌をうけながら焦点の定まらない目で立ち上がろうとする姿に、涙が止まらなかった。
ジェームスの無事を祈りたい。
[PR]
by benkeijames | 2006-07-02 06:56
CageRageのPPV実況
煽りV
イアンとマンフーフが口喧嘩。
イアンがクッキーかなんかを木っ端微塵にする。
あと俳優ファイターデイヴ・レゲノやイアンが登場。
トロージャンファイターは登場無し。

イアン・フリーマンvsメルヴィン・マヌーフ
○マヌーフ(1R KO)フリーマン●
ローから前に出るイアン。
しかしメルヴィンは動じず、自らパンチでいったフリーマンにメルヴィンは速射砲でいきなりダウンを奪う!
そして、それでも足にすがろうとするイアンに容赦なくパンチを叩き込み。
最後は壮絶な失神KOに。

ジェームスvsフロートン
結果
●ジェームス・トンプソン(3R TKO)ロブ・フロートン○
1R
スタンドの打ち合いで優勢に出て、
ロブのタックルをことごとく潰しバックからサイドから殴りまくるトンプソン。
スタンドでもダウンを奪う。
フロートンの藤田以上の粘りに手を焼く。
2R
スタミナが切れスタンドで有効打をもらいはじめるジェームス・・・。
何度かぐらつき、タックルをつぶしてもキレのあるパウンドを打てない。
3R
フロートンの打撃に完全に劣勢になったトンプソンからサイドポジションを奪ったフロートンは鉄槌を落としまくり、
トンプソンは意識朦朧ウたれるがままとなり試合終了・・・・・・。

アイブルvsシャーナー
結果
○ギルバート・アイブル(1R TKO)ファビアーノ・シャーナー●
1R
アイブルはパンチで意外と細かいコンビネーションを集めて攻める。
飛び膝できめにかかるも綺麗にカウンタータックルを合わされる。
下になり、シャーナーはすぐに足関節へ。
アキレス、トーホールドと切り替えるも極まらず。
シャーナーは上になるもまた膝十字を狙うも、それを潰されたところにいいようにパウンドをもらい自滅。
直前で準備したので、短期決戦にでたのか・・・頑張ったなシャーナー。
試合前の様子
アイブルは「でっけぇ奴」とシャーナーの印象を語り、
シャーナーはなんかちょっと喋り方が不思議ちゃんみたいできもかわいい。
アイブルは試合前がんつけまくり、シャーナーは笑顔で答える。

弁慶vsカーチス
○弁慶ゼルグ(1R腕十字)カーチス・スタウト●
1R
弁慶の凄まじく早いサイドキックとローに驚いたカーティスがタックルへ。
テイクダウンして金網におしつけるも、弁慶が下から腕十字で秒殺!!!!!!!
うほぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
試合前の様子
弁慶は終始笑顔で余裕、カーティスも余裕。
そして今回何とも嬉しかったのがネームコールも「ゼルグ弁慶ガレスィク!!!」
うおー、やばいなコレは。

戦闘竜vsベリー
結果
○ロバート・ベリー(1R TKO)戦闘竜●
1R
両者一機に前に出て打撃の打ち合い。
戦闘竜がフックで吹き飛ばすも、ベリーも負けじとパンチを返して戦闘竜はグロッキーに!
なんとか立て直してタックルにいくも、ベリーはうまくいなして戦闘竜の上になるとパウンドを連打。
打たれるがままの戦闘竜にレフェリーは試合を止めた・・。
試合前の様子
戦闘竜髭金髪。
二人ともいい表情。
両者からKO宣言。
そしてネームコールは『ヘンリー“戦闘竜”ミラー!!』

エプステインvsレゲノ
試合結果
○エプステイン(1R KO)レゲノ●
1R
両者背中に何か入ってるのかというくらい、背筋をたてて打ち合い。
空振りまくりで、まさに低レベルといった試合。
と思ったらエプステインのハイから左右のフックで、レゲノはスローモーションのように倒れて失神。
もう目も当てられない。
試合前の様子
コメンテータ付け髭をつけてふざける。
最初はニコニコしてたエプステインだったが,最後は作ったキャラで「喋りたくない消えろ」とカメラをおっぱらう。
レゲノは聖書を読んでアホな事をわめきはじめる。
入場も聖書と十字架、聖女のコスプレした女の子を連れてリングイン。
アホだ(笑。

松井vsピエーレ
結果
●松井(2R カットによるTKO)ピエーレ○
2R
飛び蹴りしてきたピエーレを松井がテイクダウン。
インサイドガードから展開がなくブレイク。
スタンドの展開になると両者パンチで勝負するが、有効打は殆ど無し。
松井が片足タックルにいくもピエーレはがぶってコツコツパンチからバックへ。
松井がうまいこと反転して上に。
しかし何故か松井出血。
レフェリーの判断で試合終了。
1R
試合前のルールチェックで通訳て松井(笑。
意外にも松井はスタンド勝負、ローとパンチでうまく出入り攻勢。
たまにピエーレのいいストレートもかすめてヒヤヒヤする。
松井が打撃で攻勢のままタックルから大内刈り。
ピエーレは逆らわず引き込み。
松井がパウンドとみせかけて一瞬の隙をついてアキレスも、ピエーレ耐え切るが松井はすぐ上を取る。
松井上のまま膠着ブレイク。
スタンドから再開、ピエーレのアッパーで松井ぐらつく。
試合前の様子
ピエーレはアジア系。凄い謙虚でいい人。
松井はコメンテーターの人とじゃれる余裕あり。
観客もうけてる。
ちくしょー、こんな試合前ばっか回線の調子よくても困るんだよ。



ジーン・シウバvsモハメッド
結果
○アブドゥル・モハメッド(3R判定2-1)ジーン・シウバ●
3R
両者疲労困憊でキャッチレスリングのような試合に。
最初はシウバがアームロックを切り返して腕十字にいくも極まらず。
後半はレスリング力で勝るアブドゥルが上を取り続けるも効果的な攻撃はできず。
どっちつかずだったが強いて言えばモハメッド。
10-9かな?
2R
シウバが今度はテイクダウン。
コツコツと効果の少なそうなパンチ。
とここで回線が乱れるハプニング。
治るとアブドゥルが上。
しかし立たれてシウバの膝をくらって打撃で劣勢。
もう少しでダウンしそうなくらいフラフラ。
10-9でシウバ。
1R
シウバが足技でペースを握り、アブドゥルがタックルにきたとこをキムラ。
凄まじい角度に極めるもアブドゥルは凌ぎきり、シウバのマウント。
更に肩固めにとらえるも浅く、自分から立ち上がる。
ここまで圧倒的シウバペースだが、ラスト1分でアブドゥルがテイクダウンを奪い鉄槌の嵐。
フットスタンプをしかけるとシウバは足関節、足を抜いてパウンドと凄まじい展開。
10-9アブドゥルかな。
試合前の様子
煽りVの代わりに試合前インタビュー。
やたら長くて萎える。
シウバは英語上手。
二人とも淡々とぶっつぶす的な事をコメント。
勝者はヨアキムとワールドタイトルマッチの噂。
[PR]
by benkeijames | 2006-07-02 04:06
明日、CageRage開催!!
選手やファンを巻き込んで、決裂したフジとPRIDE。
逆境に立たされ、明日新たに生まれ変わるPRIDEに注目する日本国内ですが、
トンプラーは勿論、トロージャンブログファンにとって明日はそれと同等なぐらい重要な大会が開催されます。

そう・・・



CageRage

f0056307_0131240.jpg





です。
日本を激震させたジェームスの再起戦と、
弁慶の今後を左右するvsカーチス・スタウト戦が目前まで迫っています。
二人とも対戦相手は疑いようのない強敵
です。
UKのファンから見るとジェームスは勝って当たり前、弁慶はアンダードッグと見られています。
精神的にも今回の試合にいたるまでカードが二転三転しチーム全体が動揺していました。
だからこそ、


皆さんの応援メッセージが必要です


弁慶に至っては今後の人生まで大きく左右する戦いになる事は間違いありません。
そしてトンプソンも日本のリングに戻るまでに躓くことの出来ない大事な一戦です。
トンプラー&トロージャンブログファンの皆さん、どうか二人に力を分けてあげてください。
[PR]
by benkeijames | 2006-07-01 00:16 | トロージャン情報