<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
暴拳がうなる!Anno Domini Fight Night2の動画!
弁慶に「Anno Domini Fight Night2の動画が早く見たいなぁ」とお願いしたところ、なんと翌日に公式サイトにアップしてくれました。
今大会は初期発表カードよりは大幅にパワーダウンしたものの、注目の若手選手が多数参戦。


f0056307_10503413.jpg

※ジョン“暴拳”フィリップスvsミハリー・ドブライ
チームトロージャンから参戦した唯一のファイターであるジョンは、
フックを警戒するハンガリーのトータルファイター=ドブライをなかなかとらえることをできず苦戦。
さらにはテイクダウンを許してしまう・・・。
一年前、テイクダウンされてから全く何もできずにパスされてKOされた悪夢が蘇るが・・・。


f0056307_1122421.jpg

ダミアン・ミレニッチvsジェハード・マシーン
かつてはPRIDE参戦を噂され、ミルコのスパーパートナーやクロアチアの新星として日本のファンにも知られていたミレニッチ。
弁慶との親交も厚く、ついに登場。
対戦相手のジェハードは前回大会で、トロージャン無敗の柔道ファイターマーロ・ピークスに敗れるもフルラウンド戦い抜いた強豪。
クロアチア屈指の実力者の復活劇を目撃せよ。


f0056307_1110199.jpg

マリオ・ヴァレンティッチvsマルコ・ジュキッチ
WBCムエタイ世界ランカーにてK-1初代王者シカティックの愛弟子であるマリオ。
前回大会でまさかの9秒KO負けを喫して、師匠のシカティックを激怒させてしまったが、
今回、満を持しての再起戦。
ラッシュガードを来て寝技に持ち込む気満々の対戦相手をどう迎え撃つのか。


f0056307_11225651.jpg

セリム“ビッグボス”ヴァラジッチvsクレシミール・マラソヴィッチ
今大会注目の重量級対決。
クロアチアチームトロージャンの巨漢ファイターセリムと、ポストミルコ最有力候補のキックボクサークレシミールの一戦。
いきなり巨漢からは想像できないスピードのパンチとハイキックを繰り出すセリム。
落ち着いて対処したクレシミールの反撃は・・・。


などなどなど。
他ファイトも公式サイトで公開中です!
是非チェックしてくださいね。
[PR]
by benkeijames | 2007-06-30 11:27
久々更新!選手近況などなど
※ジェームス・トンプソン
f0056307_393346.jpg

PRIDEも忙しいみたいで中々試合が決まらなかったんだけど、CageRageでキャベツと戦う事になったよ。
久しぶりに試合ができて本当に嬉しい。
今はキャベツ戦に向けて凄くハードに練習している。
欲を言えば、大きくてハイレベルなスパーパートナーがもっと欲しいんだけど、
練習から多くの事を学んでいるし、日に日に自分が強くなっている実感があるんだ。
最近は特にボクシングに重点を置いて練習してるんだ。
また日本のファンの前で戦える日が来ることを願ってるよ。
リップサービスでもなんでもなく、俺は日本のファンが世界で一番だと思っている。
PRIDEが再開する日が待ち遠しいよ。



※ゼルグ
f0056307_3114074.jpg

二回目のイベント(Anno Domini Fight Night2)も成功してホッとしている。
ジョン(暴拳)はグラウンドでも成長を見せて勝利した。
彼のKOはものすごかったぜ(ADF2のハイライト参照)。
俺についてだけど、とてもハードにトレーニングしてるんだけどまだ次の試合が決まって無いんだ・・・。
ブログのみんなのメッセージはとても心の支えになるし、次に日本で試合するときはもっともっと強くなって戻って期待と思っているんだけど。
とにかく試合が早く決まって欲しいね。



※ロニー
f0056307_3104734.jpg

CageRageのタイトルマッチに向けてハードにトレーニングしています。
対戦相手のオリヴィエは決して侮れない相手だけど、キックか膝でKOしようと。
だけど、自分は試合前にあーだこーだ考えて型にはまってしまうのは好きではないので、
楽な気持ちで試合をしたいと思っています。
僕をはじめ、これからUKから出てくる沢山のファイターの活躍に期待していてください。



※ニューフェイス達
ボブ・サップより巨大な大型新人がトロージャン入り。
現在徹底指導中で、プロデビュー間近。
チャーリーの次男坊であるエディー・ジョセフが遂にムエタイデビュー戦。
チャンネル7で放映するとか。
乞うご期待。
[PR]
by benkeijames | 2007-06-28 03:02 | トロージャン情報
Anno Domini Fight Night2結果
f0056307_1515772.jpg

事前にちょっとしたドタバタがあり、カードは大幅変更。
イギリスのチームトロージャンからは、暴拳一人の出場となってしまった。
対戦相手も当初の柔道出身の強豪イゴールから、MMA二戦二勝のミヒャリ・ドブライに変更。
しかし、やる事はいつもとかわらず今回も豪腕をうならせ見事にKO勝ち。
暴拳は、これで5連続KO勝利。
もう一ランク上のファイターとの対戦が楽しみ。

そして、その他のカードでは元チームクロコップで武士道参戦も噂されたダミアン・ミレニッチがポーランドのマシーンに勝利。
ブレイドへのまさかの敗戦から2連勝。
ここからまた調子を戻せるか?

前回大会で暴拳にまさかの9秒KO殺を食らった『シカティックの金の卵』こと、マリオ・ヴァレンティッチはマルコ・ヴァレンティッチにハイキックでKO勝利。
WBCムエタイランキングに名を連ねるクロアチアの新星が暴拳を追いかけるべく再始動。
詳細、動画は追って追加予定です。
[PR]
by benkeijames | 2007-06-12 01:12